DN-84749(Nexx WT1520)のOpenWRT化

ベンダーサイトで最新ファームウェアがダウンロード可能ですが

初期ファームから更新すると一部個体で内部のHTTPDが正しく動作しなくなりWeb設定ページへのアクセスが途中で

出来なくなる不具合が(但しDHCPDや無線LAN機能は動作するためWeb管理画面からの制御が不可能な暗号鍵設定のない無線LANアクセスポイントとしては

使用できます)

上記のような不具合が出たので使用を停止してましたがオープンソースファームウェアであるOpenWRTの導入ができたため

導入方法を備忘録に

 

※以下フォーラムの有志の方々によってWT1520への対応が行われました。(英文)

https://forum.openwrt.org/viewtopic.php?id=48481&p=3

 

以下は上記フォーラムの方が起こした方法を解説します。

用意するもの:

・ノートPCなりの端末

・適当なHTTPデーモン(ANHTTPDなど)

・有線LANケーブル

・DN-84749本体

以下2ファイルはフォーラム上のデータのミラーデータです。不適当である旨の申告がある場合は削除致します。

mtd3.bin

openwrt-ramips-rt305x-nexx-wt1520-squashfs-sysupgrade.bin

 

方法:

まずは端末のIPアドレスを

192.168.8.2

へ手動で設定します。サブネットマスクは

255.255.255.0

と設定し、デフォルトゲートウェイを

192.168.8.1

とします。

DN-84749の公式ファームではなぜか192.168.8.1でTelnet接続を常に受け付けている

仕様となっているため、DN-84719の電源を投入して起動後、LANケーブルでお手持ちの端末と接続します。

接続したらコマンドプロンプトを立ち上げ、

telnet 192.168.8.1

を入力してログイン認証が出てくることを確認します。

ログインユーザーIDとパスワードは以下の通り
(none) login: nexxadmin
Password:y1n2inc.com0755

入力してEnter押下で

#

のプロンプトが出てきます。でてきたら以下のように入力して/tmpフォルダへ移動します。

#
# cd tmp/
# pwd
/tmp

/tmpフォルダへ移動したら次に端末側でHTTPサーバを立ち上げます。

ANHTTPDなどの簡易サーバで大丈夫です。

サーバを立ち上げたら公開フォルダへ

・mtd3.bin

・openwrt-ramips-rt305x-nexx-wt1520-squashfs-sysupgrade.bin

の2つのファイルを配置し、

http://172.0.0.1/mtd3.bin

http://172.0.0.1/openwrt-ramips-rt305x-nexx-wt1520-squashfs-sysupgrade.bin

をブラウザへ入力して

・mtd3.bin

・openwrt-ramips-rt305x-nexx-wt1520-squashfs-sysupgrade.bin

の2つのファイルにアクセス可能なことを確認します。

確認できたら、コマンドプロンプト画面に戻り、

wget http://192.168.8.2/mtd3.bin

と打って

# wget http://192.168.8.2/mtd3.bin
Connecting to 192.168.8.2 (192.168.8.2:80)
mtd3.bin 0% | | 0 --:--:-- ETAmtd3.bin 100% |*******************************| 3776k 00:00:00 ETA

と出力されてファイルがロードされたことを確認します。以下のように/tmpへ正しくファイルがあることを確認してもいいでしょう

# ls -l
-rw-r--r-- 1 0 0 3866624 mtd3.bin

ファイルの確認ができたら

mtd_write erase mtd3

と入力し、既存のmtd3データの消去を行います。(以降、電源を切らないでください。Flashメモリの内容が破損して起動しなくなる恐れがあります。

以下のようにプロンプトが戻ってきたら正常終了です。

# mtd_write erase mtd3
getFileSize: No such file or directory
Unlocking mtd3 ...
Erasing mtd3 ...
Erase char is 255
#

続いて

mtd_write -r write mtd3.bin mtd3

と入力し、mtd3.binをmtd3領域に書き込みます。

以下のような出力を出しながら勝手に再起動します。

# mtd_write -r write mtd3.bin mtd3
Unlocking mtd3 ...
Writing from mtd3.bin to mtd3 ... [ ][e][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w]

[w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][e][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w]

[w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w][w]

ここでtelnet接続が再起動を契機に切断されます。

DN-84749が再起動する間に端末のIPアドレス自動取得に戻します。

もし自動でIPが取れない場合は

10.10.10.2〜122など、10.10.10.123以外のアドレスを設定します。

サブネットマスクは

255.255.255.0

でそのまま維持してください。

デフォルトゲートウェイは

10.10.10.123

としてください。

DN-84749が再起動したら

SSHで10.10.10.123へ接続します。

ssh 10.10.10.123

ログインID、パスワードは

ssh login: root
password: openwrt

となります。ログインに成功したら以下のようなメッセージが出力され、コマンドを受け付ける状態に遷移します。

BusyBox v1.22.1 (2014-06-28 02:57:51 UTC) built-in shell (ash)
Enter 'help' for a list of built-in commands.

_______ ________ __
| |.-----.-----.-----.| | | |.----.| |_
| - || _ | -__| || | | || _|| _|
|_______|| __|_____|__|__||________||__| |____|
|__| W I R E L E S S F R E E D O M
-----------------------------------------------------
BARRIER BREAKER (Bleeding Edge, r41360)
-----------------------------------------------------
* 1/2 oz Galliano Pour all ingredients into
* 4 oz cold Coffee an irish coffee mug filled
* 1 1/2 oz Dark Rum with crushed ice. Stir.
* 2 tsp. Creme de Cacao
-----------------------------------------------------
root@OpenWrt-wt1520:~#

root@OpenWrt-wt1520:~#

次に

cd tmp

と入力し/tmpフォルダへ移動します。

移動したら

wget http://10.10.10.124/openwrt-ramips-rt305x-nexx-wt1520-squashfs-sysupgrade.bin

(10.10.10.124の部分は各自が設定したアドレス、若しくは自動取得して得たアドレス)と入力して

データをロードします。以下のように出力されたらロード完了です。

root@OpenWrt-wt1520:/tmp# wget http://10.10.10.124/openwrt-ramips-rt305x-nexx-wt
1520-squashfs-sysupgrade.bin
Connecting to 10.10.10.124 (10.10.10.124:80)
openwrt-ramips-rt305 100% |*******************************| 3584k 0:00:00 ETA
root@OpenWrt-wt1520:/tmp#

確認として

ls -l

を入力してファイルを確認すること推奨します。

root@OpenWrt-wt1520:/tmp# ls -l
-rw-r--r-- 1 root root 6 Jul 22 18:43 TZ
-rw-r--r-- 1 root root 0 Jul 22 18:43 dhcp.leases
drwxr-xr-x 2 root root 40 Jul 22 18:43 dnsmasq.d
drwxr-xr-x 2 root root 60 Jul 22 18:43 etc
drwxr-xr-x 2 root root 40 Jan 1 1970 extroot
drwxr-xr-x 2 root root 60 Jul 22 18:43 hosts
drwxr-xr-x 2 root root 40 Jan 1 1970 lock
drwxr-xr-x 2 root root 80 Jul 22 18:43 log
-rw-r--r-- 1 root root 3670020 Jul 22 18:48 openwrt-ramips-rt305x-nexx-wt1520-squashfs-sysupgrade.bin
drwxr-xr-x 2 root root 40 Jan 1 1970 overlay
-rw-r--r-- 1 root root 32 Jul 22 18:43 resolv.conf
-rw-r--r-- 1 root root 0 Jul 22 18:43 resolv.conf.auto
drwxr-xr-x 3 root root 260 Jul 22 18:43 run
drwxr-xr-x 2 root root 60 Jul 22 18:43 state
drwxr-xr-x 2 root root 80 Jan 1 1970 sysinfo
root@OpenWrt-wt1520:/tmp#
root@OpenWrt-wt1520:/tmp#

ファイルが確認できたら以下のコマンドを入力してOpenWRTのFWアップデートを実行します。

sysupgrade -F -v -n opopenwrt-ramips-rt305x-nexx-wt1520-squashfs-sysupgrade.bin

以下のように出力されてアップデートが完了するまで待機します。

アップデートに成功すると自動で再起動します。

root@OpenWrt-wt1520:/tmp# sysupgrade -F -v -n opopenwrt-ramips-rt305x-nexx-wt1520-
squashfs-sysupgrade.bin
Sysupgrade is not yet supported on generic.
Image check 'platform_check_image' failed but --force given - will update anyway!
killall: watchdog: no process killed
Sending TERM to remaining processes ... ntpd dnsmasq ubusd askfirst logd netifd uhttpd
Sending KILL to remaining processes ... askfirst
Switching to ramdisk...
Performing system upgrade...
Unlocking firmware ...

Writing from <stdin> to firmware ... [ ][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e]

[w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w]

[e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w][e][w]
Upgrade completed
Rebooting system...

ここで再起動を契機にSSHセッションが切断されます。

再起動したらブラウザに

http://10.10.10.123/

と入力してWeb設定ページへのログイン画面が出ることを確認出来たらOpenWRT化は完了です。ログインID パスは

login: root
password: openwrt

です。

あとは任意に設定を行ってルータを使用してください。

以下本体内部写真

SoC:RT5350F@360MHz

RAM:32MB

Flash:4MB

WiFi/Eth:1T1R@150Mbps 100Base-TX(AutoMDI-MDIX)

dn-84749_1

dn-84749_2

書き換えログを参照



戻る