210円で充電機能のある携帯ーパソコン通信ケーブルを作ってみた




百均で売られているUSB通信ケーブル(充電機能なし)を2本使って充電機能のあるUSB通信ケーブル1本を作成します。

210円というローコストで市販の高い充電機能付きの通信ケーブル相当のものを作ることが出来ます。


注意:真似て作ることは自由ですが、自己責任で作ってください。万一携帯が壊れても責任は取れません。
又、ここで使っているケーブルがどこの百均でも販売されているとは限りません。私はこのケーブルをセリアで購入しました。

作成手順:

まず下のような通信ケーブルを2本用意してください。


次に携帯電話に挿す方の端子を分解します。 購入した2本とも分解してください。
尚、分解する際に、携帯電話と端子を固定するピンが邪魔になると思いますが、これは容易に脱着できるので
外した状態で作業することをお勧めします。

端子の部分を拡大するとこんな感じです。
線は金、緑、赤、青と4本出ています。USBの電源は赤と青に来ています。


ここで結線方法を載せておきます。
↓画像の1,2,3,4番はあらかじめ結線されていますので、5番と10番を自分で繋ぐことになります。


結線するにしてもこのままではピンが足りません。そこで分解した片一方のケーブルから端子部分のピンを
抜き取ります。ラジオペンチでピンを引っ張れば下の画像のように抜けると思います。
これでピンを2本抜いてください。

ピンが抜けたらもう一つの端子にピンを追加します。(5番と10番の位置)
4番(あらかじめ結線済み)と5番は5Vが掛かるようにしたいので、4番と5番は半田でブリッジ接続してください。



10番ピンにはGND(マイナス極)が欲しいので、下の画像のように1番ピンから適当な線で繋いでください。


繋げたら元通りに組み立てなおします。
ここで、線がカバーと干渉しないか確認してください。


カバーを元に戻したら完成です。
携帯電話を繋いで、パソコンのUSB端子に接続してみましょう。
携帯電話の充電ランプが点灯し、パソコン側では携帯電話が認識される筈です。



戻る